「ODIN フードデリバリー」を利用する配達員が3,500人を突破

By | News, Press Release

報道機関各位 

プレスリリース 

2021年1月18日 

株式会社オンラインコンサルタント 

代表取締役 後藤 暁子 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

「ODIN フードデリバリー」を利用する配達員が3,500人を突破 

フードデリバリーの売り上げが上がるシステムが好評 

- ODIN フードデリバリー - 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

株式会社オンラインコンサルタント(所在地:神奈川県横浜市 代表取締役 後藤 暁子)は、フードデリバリー・出前用のシステム「ODIN フードデリバリー」(オーディーン フードデリバリー)を利用する配達員が3,500人を突破したと発表しました。 

ODIN フードデリバリーは、自店の配達員にスマホを持ってもらい、GPSを追跡することでフードデリバリーの効率化を図るシステムです。 

特長は、現在位置を追跡するだけではなく、売り上げが上がる仕組みがあることです。お店によっては導入前と導入後では売り上げが2倍になったという実績があります。 

コロナ禍でフードデリバリーのニーズが高まりましたが、競争も激化しています。顧客も一度フードデリバリーを頼んで、満足度が低かったお店にはもう頼みません。 

「ODIN フードデリバリー」は顧客の、より早く頼んだものが届いてほしい、食べ物が劣化しないうちに運んでほしい、いつ届くのか知りたい、という3つのニーズを満たす機能があります。飲食店にとっては、配達がより効率的に回る機能があります。結果として、売り上げが上がります。 

顧客満足度を高めるために、そしてフードデリバリーの売り上げを伸ばすために「ODIN フードデリバリー」が多くのお店で採用されたことがうかがえます。 

【製品・サービス詳細】 

・スマートフォン・Webブラウザを利用するので、専用の機械・ソフトは必要ありません。 

ODIN フードデリバリーの詳細はこちら 

【システム要件】 

<管理者端末> 

・以下のWebブラウザが動作すること 

  Microsoft Edge 

    Firefox 

    Chrome 

    Safari 

<配達員が利用するスマートフォン> 

・AndroidOS4.0.3以降、Google Playがインストールされている必要あり。 

・iOS12.1以上のiPhone・iPad 

・GPSが受信できる環境(3G回線の契約がなくても、Wi-fiだけでも、GPSが受信できれば位置の特定が可能です。) 

【料金】 

無料お試し期間14日間 

<ODIN フードデリバリー> 

・管理画面 月額 20,000円(税別) 

初期費用 なし 

月額 2,000円(税込) 1配送員につき 

【今後の展開】 

フードデリバリー・出前業務の効率化を追求し、さらなる機能強化を行います。 

配送システムのリーディングカンパニーとして、新技術の投入やお客様のニーズを製品に取り入れていきます。 

【株式会社オンラインコンサルタントとは】 

ODIN フードデリバリーを含むODIN リアルタイム配送システムの開発・販売を行っています。 

Androidアプリと管理画面の地図で、より詳細なデータが表示されるようになりました。

By | News

弊社の「ODINリアルタイム配送システム」のAndroidアプリと、管理画面でゼンリンのデータが、より詳細な地図データが反映されるようになりました。

今回、管理画面をバージョン11.1.1に、Androidアプリをバージョン2.1.0にアップデートし、詳細な地図が閲覧できるようになりました。

<従来の問題点>

従来の地図では詳細な建物名などが表示されず、ドライバーが現地で地図を見てもどこに向かえばよいかわからず迷ってしまう事例や、管理画面から見てもドライバーがどこにいるのか不鮮明な場合がありました。

<新機能で解決>

ゼンリンのデータが地図へ反映された事により、マンションやアパートなどの建物名が詳細なデータで閲覧できるようになりました。これにより、ドライバー側は道に迷いづらくなり、管理画面から見ても、どこにドライバーが居るのか判断しやすくなりました。

また、配送計画を作成した際の計算履歴で、配送計画を作成済みかどうか、また誰に割り当てたかを確認できるようになりました。

<従来の問題点>

配送計画を作成したデータは計算後、結果一覧から閲覧する事ができます。ですが、既に割り当て済みなのか、誰に割り当てたかなどが分からず別のページの配送計画一覧と見比べないとわかりにくく、重複して登録してしまう可能性がある点が不便でした。

<新機能で解決>

配送計画の計算履歴で、割り当て済みの計算結果なのか、計算済みなのか、誰に割り当てたのか一目で確認する事ができるようになりました。これに伴い、重複して登録する事を防ぐ事ができるようになりました。